朝メールcomのトライアルをご検討いただき、ありがとうございます!
30日間の無料トライアル期間を通じ、使い勝手などを お試しいただけます。

トライアルについての詳しい説明はこちら

◇朝メール.comについて
 概要がわかる資料をご用意しております!

ご不明点などございましたら、
朝メール.com事務局(asacom@work-life-b.com)までお問い合わせくださいませ!

-








朝メール.comサービス提供約款

株式会社ワーク・ライフバランス(以下「WLB」という。)は、WLBが企画・立案・提供する業務の予定と実績を集計・分析するウェブサイト「朝メール.com」(以下、「本サービス」という。)の契約者への提供に関して、以下のとおり約款を定める。

第1条(目的)
本約款は、契約者及びユーザーに対し、WLBが本サービスを提供することに関して、必要な事項を定めることを目的とする。

第2条(本サービスの内容)
本サービスとは、契約者及びユーザーに対して、WLBが提供する以下のサービスをいう。
(1) ユーザーの業務予定および業務実績を入力し集計・分析する「朝メール・夜メール記録機能」
(2) 前号の「朝メール・夜メール記録機能」で入力した予定と実績の差異を集計する「集計機能」
(3) 前号の「集計機能」を複数のユーザーで利用し全体傾向を把握することができる「グループ集計機能」
(4) 契約者に対するユーザー管理画面の提供
(5) その他本サービスの利便性・有益性向上に伴う機能や情報の提供
(6) 前各号に関する問い合わせ受付及びこれに対する回答

第3条(定義)
本約款において、次の用語は、次の各号に定める意味で用いるものとする。
(1) 「契約者」とは、第4条に基づいて本サービスの利用の登録がなされた者をいう。
(2) 「ユーザー」とは、本サービスを利用する者として契約者が指定した者をいう。
(3) 「管理者」とは、契約者による本サービスの利用につき、契約者側での管理を担当する者として契約者が指定した者をいう。
(4) 「利用契約」とは、本約款に基づきWLBと契約者との間で成立する、契約者及びユーザーが本サービスを利用するための契約をいう。
(5) 「本サイト」とは、WLBが提供する「朝メール.com」のウェブサイトをいう。

第4条(利用登録)
1.本サービスの利用を希望する者(以下「登録希望者」という。)は、本約款の内容を理解し、これを承認した上で、WLB指定の方法でWLBの定める一定の情報をWLBに提供することにより、WLBに対し、本サービスの利用の登録を申請することができる。
2.前項の登録の完了時に、本約款に基づく利用契約が登録希望者とWLBとの間に成立し、契約者、管理者及びユーザーは本サービスを利用契約に基づき利用することができる。

第5条(トライアルサービス)
1.登録希望者は、初回の申請に限り、第13条の定めにかかわらず、本サービスを一定期間無償で試用することができる(以下、本条に基づき無償で提供される本サービスを「トライアルサービス」という。)。この場合、登録希望者の登録申請に対し、WLBが登録を完了した時から、契約者、管理者及びユーザーがトライアルサービスを無償で利用することができる。
2.トライアルサービスの提供期間は、WLBが別途定める。
3.トライアルサービスの利用に際し、WLBは、ユーザー数の制限等の利用条件を付加することができる。
4.WLBは、必要に応じ、トライアルサービスの内容及び利用条件を修正若しくは変更し、又はトライアルサービスの提供を中断することができ、それによって契約者、管理者、ユーザー及び第三者に生じた損害について一切の責任を負わない。
5.契約者がトライアルサービスの提供期間満了後に引き続き本サービスを利用することを希望する場合、トライアルサービスの提供期間満了日までに、WLBに対し、WLB指定の方法で本利用申込をしなければならない。
6.前項の申込がトライアルサービスの提供期間満了日までにWLBに到達しなかったときは、トライアルサービスの提供期間満了日の経過をもって利用契約が終了するものとする。

第6条(本サービスの利用方法)
1.管理者及びユーザーは、利用契約に基づいて、別途WLBが指定するURLから本サービスにログインすることにより、本サービスを利用する。
2.本サービスの利用方法、機能その他の詳細については、別途WLBが定めるものとする。

第7条(ID及びパスワードの割当て)
1.WLBは、本サービスの提供に当たり、契約者に対し、管理者用のID(以下「管理者ID」という。)を割り当てる。
2.管理者は、管理者IDを用いて別途WLBが定めるURLからパスワード(以下「管理者PW」といい、管理者IDと管理者PWを併せて「管理者ID・PW」という。)を設定の上、ログインし、WLBの指示に従ってユーザーの氏名・メールアドレス等の情報を本サービスに登録する。
3.WLBは、前項で管理者が登録したユーザーのメールアドレス宛に、ユーザー登録用のURLを記載したメール(以下「登録用メール」という。)を送信する。
4.ユーザーは、登録用メールに記載されたURLにアクセスし、自らのID及びパスワードを登録する(以下「ユーザーID・PW」という。)。
5.本サービスを経由して別サイトを利用する場合は、当該別サイトの約款等にそって利用するものとする。本サービスから遷移した先の別サイトで生じた損害につき、WLBは一切の責任を負わない。

第8条(ID・PWの使用及び管理)
1.管理者ID・PWは、管理者のみ使用することができる。
2.ユーザーID・PWは、管理者が登録したユーザーのみ使用することができる。
3.契約者は、管理者ID・PW及びユーザーID・PW(以下併せて「ID・PW」という。)を適切に保管及び管理し、かつ、ユーザーに適切に保管及び管理させなければならない。
4.ID・PWの保管及び管理その他の一切の取扱いに関しては、契約者が全ての責任を負うものとする。
5.契約者は、本約款で使用が許された者以外にID・PWを使用させてはならない。
6.WLBは、本サービスの提供に関し、ID・PWのみを用いて本人確認をするものとする。本人以外によるなりすましやID・PWの盗用等に起因して契約者、管理者又はユーザーに損害が生じたとしても、WLBは一切責任を負わないものとする。

第9条(本サービスに関する変更・修正)
WLBは、本サービス及び本サービスの利用状況、運用状況その他諸般の事情を考慮して、その独自の判断により、契約者、管理者及びユーザーによる本サービスの利用に直接影響しない本サービスの機能、設計及び仕様について、契約者に事前に連絡することなく、更新、追加、削除、その他の変更を行うことができる。

第10条(登録情報の変更)
契約者は、WLBに提供した登録情報の内容に変更が生じた場合には、速やかに本サイト上で変更後の内容を修正登録しなければならない。なお、修正登録の遅延等による契約者、管理者及びユーザーの損害について、WLBは一切の責任を負わない。

第11条(ユーザーサポート)
1.本サービスに関する契約者又はユーザーからの問い合わせは、WLBがこれに対応する。ただし、WLBは必要に応じてWLBに対して問い合わせの対応を第三者に委託することができる。この場合、WLBが契約者から事前に承諾を得るものとする。
2.ユーザーサポートの受付方法及び提供方法については、別途WLBが定める。
3.ユーザーサポートは、WLBが技術的に可能な範囲で提供するものであり、これにより問題の解決がなされることを保証するものではないことを契約者は了承する。

第12条(ユーザーとの関係)
1.WLBは、利用契約に基づき、契約者に対してのみ本サービスの提供義務を負うものであって、本約款に特に定める場合を除き、管理者及びユーザーに対しては直接的・間接的を問わず何らの義務を負わないものとする。
2.本サービスに関連する管理者及びユーザーからのクレーム、損害賠償請求その他の請求については、契約者が責任をもって対処するものとし、WLBは契約者からのクレーム、損害賠償請求その他の請求について対処するものとする。

第13条(対価)
1.契約者は、WLB又はWLBの別途指定する者に対し、本サービス提供の対価として、別途定める金額を支払うものとする。ただし、WLBは対価をいつでも改定することができる。この場合、改定後の対価は第14条に基づく更新後に適用される。
2.前項の対価は、WLBの指定する期日までにWLBが指定する口座に振り込んで支払う。なお、振り込み手数料は契約者の負担とする。

第14条(利用契約の期間及び更新)
1.利用契約の期間は、次の各号に掲げる日から1年間とする。
(1)毎月1日から14日までの間に本利用申込を行ったとき 当該月の1日
(2)毎月15日から末日までの間に本利用申込を行ったとき 当該月の翌月の1日
2.利用契約の期間満了日までに、契約者が自動更新を希望しない旨を本サイト上でWLBに通知しなかった場合には、利用契約は自動的に更新される。この場合、従前の利用契約と同一の条件で更に1年間利用契約が更新されたものとみなし、WLBは更新された利用契約に基づく対価の支払いを契約者に請求する。
3.契約者がWLBに対し前項に定める通知をした場合には、利用契約はその期間満了日の経過をもって終了するものとする。この場合、WLBは支払われた対価の返金請求には応じない。
4.本条の定めは、第5条に定めるトライアルサービスについては適用しない。

第15条(禁止事項)
契約者は、WLBの書面による承諾なくして以下の行為をしてはならず、またWLBの書面による承諾なくして管理者、ユーザーその他の第三者をして以下の行為をさせてはならない。
(1) 利用契約の履行以外の目的で、本サービスを通じて、もしくは本サービスに関連して、営利を目的とする行為、又はその準備を目的とした行為。
(2)本件コンテンツ、ソフトウェア、マニュアルその他本サービスに関して提供された著作物を複製・送信・改変し、第三者に利用させ、又は第三者に譲渡・貸与する行為。
(3)その他、本サービスの提供に支障をきたす行為。

第16条(サービス提供の停止)
1.WLBは、次の事由が生じた場合には、本サービスの提供を停止することができるものとする。
(1)システムの保守又は工事のため、やむを得ないとき。
(2)システムの障害などのため、やむを得ないとき。
(3)本サービスを提供するためにWLB、契約者又はユーザーが利用する電気通信事業者の電気通信サービスに支障が発生したとき。
(4)ユーザーからのアクセスが輻輳するなど、システムの容量を超える利用がなされたとき。
(5)天災地変その他不可抗力によりサービス提供が困難なとき。
2.WLBは、前項の場合において本サービスの提供を停止したことに関して、契約者、管理者又はユーザーに対して如何なる責任も負わないものとする。

第17条(個人情報)
1.WLBは、取得したユーザー情報及びその他のユーザーに関する情報(本サービスの過程において収集した一切の情報。以下併せて「ユーザー情報等」という。)を、本サービスの提供(ID・PWの割当て、本サービスの提供、本サービスに関する連絡、ユーザーサポート、本サービスのメンテナンス、その他本サービスの提供に必要な一切の行為)の目的で使用することができる。WLB社は取得した個人情報を、上記利用目的を達成するために、第三者へ業務委託することがある。
2.本サービスを経由してWLBが提携する別サイトを利用する際にユーザーが自身の意思で登録したユーザー情報は、当該別サイトの約款等に定める個人情報管理規程に沿って管理されるものとする。当該別サイトにおける個人情報の利用等について、WLBは一切の責任を負わない。
3.WLBは、保有するユーザー情報等を適切に管理するものとし、利用契約終了後は消去するものとする。
個人情報保護管理者の氏名又は職名、所属及び連絡先
個人情報保護管理者 大西 友美子
Email:customer@work-life-b.com

第18条(知的財産権)
本サービスに関するノウハウ、特許、著作権、その他一切の知的財産権は、全てWLB又はWLBが許諾を受けている許諾元に留保される。

第19条(責任の制限)
1.WLBは、本サービスにおいて契約者、管理者及びユーザーに提供する情報(以下「提供情報」という。)については、合理的な範囲内で正確性を確保するよう努力する義務を負うが、その正確性、適時性、特定目的適合性、その他内容に関しては一切保証しないものとする。万一、提供情報の利用に起因して契約者、管理者又はユーザーに損害が生じたとしても、WLBは一切責任を負わないものとする。
2.WLBは、本サービスの利用に必要なハードウェア、ソフトウェア、通信環境、その他WLBが関与しない機器・プログラム等については一切の責任を負わず、それに起因して契約者又はユーザーその他の第三者に損害が生じた場合であっても、WLBは一切責任を負わないものとする。
3.本サービスに起因して生じた他のいかなる損害に関しても、契約責任・不法行為責任を問わず、WLBは損害賠償を行う義務を負わない。ただし、WLBの故意に基づいて生じた損害についてはこの限りではない。なお、当該損害賠償の上限は、契約者が利用契約に基づいてWLBに支払った1年分の対価を上限とする。

第20条(秘密保持)
1.本条において「秘密情報」とは、当事者が他の当事者に対して、書面、口頭、電子メールその他方法を問わず開示した技術上又は営業上の情報であって、開示の際に秘密情報である旨表明した一切の情報をいう。ただし、次の各号の一に該当する情報については、秘密情報に含まれない。
(1)開示を受けたとき、開示を受けた者が既に取得していた情報。
(2)開示を受けたとき既に公知であった情報、又は開示を受けた後、開示を受けた者の責に帰すべき事由によらず公知となった情報。
(3)正当な開示権限を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく取得した情報。
(4)開示された秘密情報を使用することなく、独自の開発等を通じて自ら知得した情報。
2.WLB及び契約者は、利用契約に関連して知り得た他の当事者の秘密情報を、利用契約の履行以外の目的に使用してはならず、また、第三者に開示又は漏洩してはならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。
(1)開示を受けた者が利用契約を遂行する上で合理的に必要な範囲で、開示を受けた者の役員および従業員に秘密情報を開示する場合
(2)開示を受けた者が秘密情報の開示につき事前に他の当事者から書面による同意を得た場合
(3)開示を受けた者が法令上の義務に基づいて裁判所、官公庁その他の公的機関に秘密情報を開示する場合
3.WLB及び契約者は、利用契約が終了したときは、速やかに秘密情報を返却又は廃棄するものとする。

第21条(譲渡禁止)
契約者は、利用契約上の地位ならびに利用契約から生じる権利及び義務を、WLBの事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡してはならず、また担保に供してはならない。

第22条(約款の変更)
1.本約款はWLBが変更することができる。
2.前項の変更があった場合、WLBは速やかに契約者に対して当該変更の内容を通知する。
3.前項の通知後に契約者又はユーザーが本サービスの利用を継続した場合、契約者は当該変更を承諾したものとみなす。

第23条(反社会的勢力の排除)
1.契約者及びWLBは、自己または自己の代理人が、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約する。
(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下「暴力団員等」という。)
(2)暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
(3)暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
(4)自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
(5)暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
(6)役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
2.契約者及びWLBは、自ら又は第三者を利用して次の各号の一にでも該当する行為を行わないことを確約する。
(1)暴力的な要求行為
(2)法的な責任を超えた不当な要求行為
(3)取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4)風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
(5)その他前各号に準ずる行為

第24条(解除)
1.契約者が次の各号の一に該当する場合、WLBは、何らの催告を要せず、即時に利用契約の全部又は一部を解除できるものとする。
(1)自己振出の手形又は小切手が不渡処分を受ける等の支払停止状態となったとき。
(2)差押、仮差押、仮処分若しくは競売の申立があったとき又は租税滞納処分を受けたとき。
(3)破産手続開始、特別清算手続開始、会社更生手続開始若しくは民事再生開始の申立があったとき又は清算に入ったとき。
(4)その他財産状態が悪化し又はその恐れがあると認められる相当の事由があるとき。
(5)本サービス提供についての対価を期日から2週間経過した後も支払わなかったとき。
(6)本約款の定めに違反し、当該違反を是正するよう催促を受けたにもかかわらず、相当の期間内に当該違反を是正しないとき。
2.契約者およびWLBは、相手方が次のいずれかに該当した場合には、何らの催告を要せずして利用契約を解除することができる。

(1) 前条第1項各号の表明が事実に反することが判明したとき
(2) 前条第1項各号の確約に反して、同項各号のいずれかに該当したとき
(3) 前条第2項各号の確約に反して、同項各号のいずれかに該当する行為を行ったとき
3.前項の解除は、損害賠償請求を妨げない。

第25条(合意管轄)
本約款又は利用契約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とする。

第26条(協議事項)
WLB及び契約者は、本約款について疑義が生じた場合には、信義誠実の原則に従い協議するものとする。

制定日 2012年5月1日
改訂 2013年12月6日
改訂 2016年6月1日

株式会社ワーク・ライフバランス
港区芝浦3-6-5 オカザキ芝浦3F
03-5730-3081
PDFはこちら
約款を確認し、同意・承諾します